よしむらのブログ


[音楽][ライブ] ブエノスアイレスのマリア (2014年7月15日19:00~ 板橋区立文化会館)

昨年(2013年)のオペラシティでの歴史的公演以来、約1年ぶりの『ブエノスアイレスのマリア』である。諸事情により行けないと思っていたが、土壇場でスケジュールの都合がついたので公演前日に慌ててチケット手配。2階席の後ろから2列目で、ステージからははるか遠いものの、比較的真ん中に近い席だったのはラッキーだった。

ブエノスアイレスのマリア 開演直前
ブエノスアイレスのマリア 開演直前 posted by (C)よしむら

今年の公演は海外からのゲストは無し。2013年の江古田Buddyや小牧市での公演と同様に、Sayaca、KaZZmaが歌、片岡正二郎が語りを担当した。

前回からずいぶんと間が空いていることもあり、どんな演奏になるか期待と不安が入り混じる気持ちで開演を迎える。果たして出だしからやや演奏が硬い。ただ、片岡正二郎の語りが昨年とは違う。昨年はどちらかというと声を張り上げていることが多く、ともすると一本調子になりがちだった印象があるのだが、今年は抑えるべきところは抑え、叫ぶべきところは叫ぶ。起伏に富んだ語りは聴く者をぐっと作品の中に引き込む。歌のKaZZmaも、時には本来の美声や音程を犠牲にすることも厭わず、歌声に怒りや悲しみを込める。 やがて第1部後半から演奏も硬さが取れてくる。こうなるとこのメンバーはやはり凄い。演奏と歌が一体となって我々に迫る。この日の聴きどころは第2部の「精神分析医のアリア」。後半でのスペイン語の語りは、少なくとも日本では今回のSayacaを超えられる人はそういないだろう。

メンバーが昨年、アメリータ、ギジェルモ、レオナルドという素晴らしいゲストを迎えてオペラシティでの公演を体験したことは、やはりかけがえのない財産となっているに違いない。その只中にいた演奏者はもちろん、歌と語りの3名も、ゲスト陣が残したリファレンスから多くを吸収し、咀嚼し、自分のものにしてきたのではないかと思う。まだまだ進化できる。その進化をずっと証人として見届けたい。そんな風にも感じる公演だった。これからもぜひ、できることなら毎年、演奏し続けて欲しい作品である。

メンバー

2014年07月27日 16:00更新
2014年07月27日 16:00投稿

[音楽][ライブ][ビデオ] ロックとわたくし5

6月9日はロックの日!去年はアップしそこねたし、今年も日付が変わる前に書き終えるかどうか難しそうだけど、まあとにかくロックの日!

Read more...

2014年06月10日 00:31更新
2014年06月10日 00:30投稿

[][うまいもの][うまい店] 英国一家、ますます日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日、 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及さ れている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

と書いた、「続編」にあたるもの。

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

何のことはない、続編だと思った本書に収められている内容こそ、原書でカットされた部分だったのだ。築地場外市場の見学、欧米で悪の権化のごとく認識されているMSG (グルタミン酸ソーダ) の総本山・味の素への訪問取材(内容は理性的で中立的)に始まり、一家四人での各地の食べ歩きも沢山収録されている。もともと一冊の本だった内容なので、ユーモアも毒も同じテンションが維持されていて、日本人でも知らなかったようなことも沢山。書き下ろしの特別番外編と、日本人読者に向けたエピローグでは、著者の日本を愛する気持ちが伝わってくる。

ただ、これは完全に一冊目を読んだ人向けの作りになっているので、これだけを読んでもなぜ彼らが日本で食べ歩いているのか、そもそも彼は誰なのか、などが全くわからないはずである。一方で、ここに収められているエピソードが抜けていたせいで一冊目の流れが不自然になっていた部分もあり、それを補う上では本書が出たことは喜ばしい。ぜひ一冊目を読んだ上で読んでみて頂きたい。

2014年06月08日 18:27更新
2014年06月08日 18:27投稿

[][うまいもの][うまい店] 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日たまたま立ち寄った本屋で平積みになっていた本。ちょっと立ち読みしたら止まらなくなって、そのままレジに直行してしまった。実店舗での本との出会いとしては理想的な展開。これだから本屋に時々は行かないとね(という割にはアマゾンのリンク貼ってみたりw)。

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

著者は英国のトラベル・ジャーナリストでフード・ジャーナリストのマイケルブース。パリの料理学校ル・コルドン・ブルーで1年間修行し、3つ星レストランに在籍していたこともあるという人物である。

ル・コルドン・ブルー時代の友人である日本人シェフに「お前は日本料理のことなんて何もわかっていない」と挑発された彼は、日本食べ歩きの旅を決行する。妻と2人の幼い子供が同行するという想定外の展開ながら、新宿の思い出横丁や札幌ラーメン横丁や福岡の屋台から、大阪北新地のカハラ、銀座の壬生に至るまで、縦横に食べ尽くしていく。しかも、ただ何を食べた、こんな味だった、だけではなく、その料理の味が何によって成り立っているのか、背後にはどんな文化や哲学があるのかにも言及。英国人らしいユーモアと毒も織り交ぜつつ、時には日本人である私が知らないことや、英国人ゆえの勘違いと思われる話、さらには妻や子供の視点がなければ到達しなかったようなエピソードまで。これは読み出したら止まらない。

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及されている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

2014年06月01日 18:29更新
2014年06月01日 18:29投稿

[] 九月、東京の路上で ~1923年関東大震災 ジェノサイドの残響 (著・加藤直樹、発行・ころから)

 今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。

 じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。それは死者への冒涜だよ。

 人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。

ビートたけしが震災直後に語った「悲しみの本質と被害の重み」(NEWS ポストセブン) - Y!ニュース

本書を読んで真っ先に思い出したのがこの言葉だった。まさに同じ想いが詰まっている。

多くの人は歴史の授業で、関東大震災の際「朝鮮人が武装蜂起する」「井戸に毒を投げ込んだ」などの流言が飛び交い、それを信じた日本人によって多くの朝鮮人や中国人が殺された、という話は習ったことがあると思う。本書はその忌まわしい過去について、全体像を俯瞰する代わりに個々の事例を丹念に具体的に掘り下げている。

大井町から品川警察署に移動して保護された全錫弼(チョン・ソクピル)。 同胞が殺されるのを横目に荒川の四ツ木橋を渡り、自らも殺されかけた曹仁承(チョ・インスン、チョは正しくは縦棒一本)。 世田谷の千歳烏山で自警団に襲われた朝鮮人労働者17名と、その中で命を落とした洪其白(ホン・ギペク)。 埼玉県の寄居警察分署に保護されていながら、興奮した隣村の住民等に引きずり出されて殺された具学永(グ・ハギョン)。 亀戸に出動して朝鮮人狩りを行った習志野騎兵連隊の一員だった越中谷利一。 押し寄せる未確認情報に翻弄され、朝鮮人暴動の流言にお墨付きを与えてしまった警視庁官房主事、正力松太郎。

言うまでもなく当事者それぞれは一人一人名前を持つ個人である。記された証言から、どんな方法で彼らが殺されたか、どんな風に普通の市民が、警察が、軍が、彼らを殺したか、イメージすることが出来るだろう。 事件が起きた場所は今でも地上の一点として存在し、東京近辺に住む者ならいくつかの場所は行ったことがあったり、行くための具体的な経路を思い浮かべたり出来るだろう。それこそが本書の大きな意味であると思う。収録された文の出典や参考文献、リンク等も丁寧に収録されており、内容は第三者が検証可能になっている。

一部でなされている総数で何人が殺されたかという数字の議論は、歴史上の評価としては意味があるにしても、ここに記された個々の事件の重さとは無関係である。工事現場で働く労働者の彼が、飴売りの青年の彼が、何ゆえに殺されなければならなかったのか。それを思えば 、そもそも日本人が罪もない朝鮮人を殺すはずがない(殺された朝鮮人は罪を犯したものばかりである)などという粗野な主張もできるはずがない。

ネットや路上でヘイトスピーチが渦巻く今。正直なところ、ヘイトスピーチを撒き散らす人々に本書のような内容はもはや届かないかもしれない。だからせめて、彼らの主張に全面的には賛同しないものの、何となく嫌韓・嫌朝・嫌中な気分に流されている人、そして韓朝中に特別な感情はない一方で関東大震災の朝鮮人虐殺にも興味がない、という人に、ぜひ本書を読んでほしい。

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響(加藤 直樹)

2014年05月25日 18:32更新
2014年05月25日 18:32投稿

[BCL] 昔々のベリカード発掘(1) ベトナムの声

先日、重い腰を上げて部屋にたまった不要物の整理をしていたら、こんなものを発見!

中南米のラジオ局のベリカード
中南米のラジオ局のベリカード posted by (C)よしむら

私と同年代の方ならおわかりだろう。「ベリカード」である。1970年代後半から1980年代初頭にかけて、中高生を中心に爆発的なブームとなったものの一つにBCL (Broadcasting Listener、海外などの放送を聴くこと) があった。放送を聞くことそのものに加え、放送局に「受信報告書」を送るとベリカード (Verification card、受信確認証) というものが送られてきて、それを集めるのが楽しかったのだ。ご多分に漏れず私もBCLにハマりまくった。上の写真は私がもらったものの中でもかなり聴くのが難しかった部類の、中南米の放送局のカードである。

さて、せっかく見つけたこのベリカード、どうせならブログで少しずつ紹介してみようかと思う。上記の中南米の各局については後日改めて紹介するとして、今回は「ベトナムの声」を取り上げてみたい。

ベトナムの声 ベリレター
ベトナムの声 ベリレター posted by (C)よしむら

受信日時は1975年3月4日7:12~7:35 (日本時間)、周波数は10.040MHz。特に明記はされていないが日本語放送だった。ちなみに当時私は小学5年生だったので、登校前に聴いていたのだろう。

写真のとおり、受信報告を確認した旨だけを伝える極めて地味なベリレター (カードではなくレター形式の受信確認証をこう呼ぶ) である。イラストや写真をあしらったカードが主流だった中で、まあ正直なところあまり眺めて楽しいものでもない。しかし、今回改めてこのレターを見て、歴史の重みを感じてしまったのだ。

というのも、ベトナム戦争が終結したのは1975年4月30日 (サイゴン陥落の日)。つまり、私が聴いたタイミングはベトナム戦争の最終局面だった、ということになる。Wikipediaによれば米軍が撤退した後の南ベトナムに対して北ベトナムが全面攻撃を開始したのが1975年3月10日。このベリレターに記された日付はその1週間前という、緊迫したタイミングだったのだ。

それで思い出したのだが、同年4月30日もしくは5月1日 (おそらく後者) の放送も聴いた覚えがある。爆竹の音が流れ、高揚したアナウンサーがサイゴン陥落を伝えていた。子供ながらも何か歴史が変わった瞬間だと思ったものであった。そんなこともあり、地味なベリレターにもかかわらず、なかなか印象深いのがこの1枚なのである。

あれから39年、ベトナムは大きな発展を遂げ、日本とも経済的な結びつきは強まっている。出張や観光で現地に行ったことがある方も少なくないだろう。フォーやバインミーなどの食べ物も日本で親しまれるようになり、当時に比べるとベトナムはずっと身近な国になっている。 調べてみたところ、現在もベトナムの声は日本語放送を行っていて、短波ラジオに加えてインターネットでストリーミングやオンデマンドでも聴くことができる。ストリーミングで久しぶりに聞いてみたところ、ベトナムのポップスなども紹介されてなかなか楽しい。ベトナムに興味のある方、ベトナムに関する情報が必要な方は、一度聴いてみていただきたい。

2014年04月27日 01:21更新
2014年04月27日 01:21投稿

[][札幌南] 心とは?体とは?~カノン(中原清一郎)

高校の先輩に当たる中原清一郎氏の長編。

末期癌で死を待つばかりの58歳の男、寒河江北斗と、記憶障害で自分の記憶が消えていくのを待つばかりの32歳の女、氷坂歌音(カノン)。男は生き延びるために、女は愛する我が子のために、それぞれの心と体を入れ替える選択をする…。

人の記憶を司る海馬を手術によって入れ替える「脳間海馬移植」が実用化された近未来を描いた小説。といっても設定は約10年後。医学の進歩以外に関して極端なSF的設定があるわけではない。我々の生きる時代から地続きの世界において、心と体の入れ替わりは人に何をもたらすのかを描いた作品である。

個人的には読み始めてすぐ、海馬を入れ替えることでそのまま人格が入れ替わるのか?というような疑問も湧いてきたのだが、ある程度納得行く形でそれにも答えている(医学的に正しい認識なのかは不明)。生きるとはどういうことか、心とは?体とは?自分とは?親子とは?など、読んでいてさまざまな想いが掻き立てられる。ユーモラスな描写もあれば緊迫感溢れる展開もあり、ところどころほろりとさせつつ読後感は爽やか。結構な分量の長編ながら一気に読み切ってしまった。

カノン(中原清一郎) 河出書房新社 | 文学・小説 > 小説 > な行(著者) | Reader™ Store - ソニーの電子書籍ストア

カノン(中原 清一郎)

2014年03月31日 00:33更新
2014年03月31日 00:33投稿

[音楽][ライブ][CD] 帰ってきたトリコさん / tricot (2014年3月20日 東京・赤坂BLITZ)

2014年3月20日、赤坂BLITZでのtricotのワンマンライブに行ってきた。先日のエントリー(tricotの虜になってしまった!~tricot / THE)でも書いた通り、個人的にはどストライクのバンド。

行こうと思い立ったのは3月に入ってからで、いくつかのチケット予約では既に完売になっていたのだが、なぜかローソンチケットでは購入可能!勢い余って2枚買っちゃって譲る相手を探すのにちょっと手間取ったり…

で、ともかく行ってきた。

2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット
2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット posted by (C)よしむら

素晴らしいライブだった。どれぐらい素晴らしかったか…なんと小島寛之さんがブログにレビューを書いているのでまずはご一読頂きたい(赤坂ブリッツで、Tricotのワンマンライブを観てきた。 - hiroyukikojimaの日記)。私としてもこの内容に強く共感する(特にベースのヒロミ・ヒロヒロがかわいいという件…だけじゃなくほぼ全面的に)。

とにかく超絶複雑な楽曲なのにポップで踊れて熱い!ボーカルの中島イッキュウが、曲がブレークするタイミングで「踊れ!」と叫び、オールスタンディングのフロアはみんな踊りまくる(私はぎこちなくステップを踏む程度だけど)。ステージ近くでは肩車で宙に浮く人、回転する人、飛ぶ人、などなど。

小島さんがギターのキダ モティフォをロバート・フリップになぞらえているのもすごくわかる気がする。クリーントーンの単音変態リフやベースとのハモリ、動と静の場面転換などはふとキング・クリムゾンの影が見えた気がしてしまう。私としても、tricotはニューロックとかポストロックとかよりプログレと呼びたい気持ちでいっぱいだ。

一方で、メロウな「タラッタラッタ」や壮大な「Swimmer」は感動的だったな。グルーヴが大きい。ボーカルが切ない。

ところで今回、ぜひとも、と思い立って行くことにした理由のひとつはドラムスのkomaki♂の脱退が発表されたこと。小島さんも書いている通り、tricotの楽曲が成り立つ上で彼の存在は欠くことができなかったはずで、彼がいる状態でのtricotを絶対観ておくべきだ、と思ったのだった。実際最後まで重くタイトなドラミングが楽曲を引き締め、素晴らしかった。今後の彼の活動にも注目したい。

終演後、同行者とビールを飲みながら食事した際に「彼女らは一体何を聴いてきてこんな音楽を作るに至ったんだろう」という話が出たりしたのだが、そのヒントとなるインタビュー記事があった。

Roland Music Communication Vol.9:tricot

え?イーグルス??

…まあそれはともかく(ちょっと動揺)、セッションしながら「まずインストだけ聴いてもカッコイイ状態を作って、そこに後から歌を乗せて、さらにカッコよくする」という曲の作り方など、興味深い話がいろいろ。

また、この日演奏された「爆裂パニエさん」などを含む1stミニアルバム『爆裂トリコさん』は永らく廃盤だったそうなのだが、3/19に再発されたとのこと。会場でも売られていたようだが混雑から購入は断念、Amazonで早速注文してみたので届くのが楽しみ!

爆裂トリコさん(tricot)

2014年03月25日 23:28更新
2014年03月23日 00:46投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部語句を修正しました(内容的には変化ありません)。]


[音楽][ライブ][CD] 岩川光トリオ (2014年3月14日 19:30~ 東京・神楽坂セッションハウス)

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住の岩川光 (ケーナ、サンポーニャ) が、2014年2月28日から林正樹 (ピアノ)、佐藤芳明 (アコーディオン) と共に日本をツアーしている。3月14日、その折り返し点にあたる東京・神楽坂セッションハウスでのライブに行ってきた (以下はFacebookに書き込んだ感想をもとに加筆修正したもの)。

岩川光トリオ@セッションハウス
岩川光トリオ@セッションハウス posted by (C)よしむら

当日演奏されたのは大半が岩川の作品。ケーナやサンポーニャといっても、容易に連想される「素朴なアンデスの響き」とかでは全然なくて、超絶複雑なリズムのすごい音楽。でも所々にワイノやチャカレーラっぽいリズムが混ざったり、超高速ユニゾンや即興ソロもあれば小鳥の声や風の音もあったり、ほんと面白いのなんの。

林正樹、佐藤芳明もそれぞれ1曲ずつ提供。演奏面でも三者全く対等で、スリリングで美しくて刺激的なあっという間の5時間半…もとい2時間余りだった (すみません、最後は行った人向けネタでした)。

以下曲目は会場での掲示より。

  • 第1部
    1. Canción:II (岩川) ← 撮った写真が不鮮明でIかIIか判読困難 (どなたかおわかりでしたら教えて下さい)
    2. Fiesta:V (岩川)
    3. La cuna (岩川)
    4. La carta de la luna (林)
    5. 地球の裏側のためのカノン-canon para el otro lado del mundo (佐藤)
    6. Después del carnaval (岩川)
  • 第2部
    1. Interludio:I (岩川)
    2. Baile infinito en sue{'ñ'}os (岩川)
    3. Canción:IV (岩川)
    4. Paramania (岩川)
    5. Danza del aire:IV (岩川)
    6. Un camino hacia vos (岩川)
  • アンコール
    • Kafu mi draga ispeci (ボスニア民謡)

会場でメンバーそれぞれのCDも入手。これらについては追って別途。

佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」
佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」 posted by (C)よしむら

ちなみに今回のトリオの映像は、現時点(2014/3/17)ではYouTube上にないので、アルゼンチンのギタリスト、キケ・シネシと岩川光のデュオの映像を貼っておく。いきなりケーナ2本持ちとか…彼の凄さの一端はおわかりいただけるかと。

(2014-03-22追記)

トリオの映像が公開されたので追加しておく。"Despues de carnaval" (カーニバルの後で)。第1部の最後の曲である。凄いでしょ?(笑)

2014年03月22日 22:19更新
2014年03月17日 00:30投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部表現を修正、追記し、またYouTubeに上がっていたトリオの映像を追加。さらにキケ・シネシとの映像については埋め..]


[音楽][CD][ビデオ] 忘れないために~SPANK HAPPY 「悲しむ物体」

2年前から毎年1月17日と3月11日には必ず聴く曲がある。SPANK HAPPYというグループの「悲しむ物体」。Facebookでシェアしたりもしているので、私とつながりのある方は「またか」と思われるかもしれないけど。

この曲が収録されたアルバム "Freak Smile" はリリース当時買ってよく聴いていたが、この曲については勝手に、近未来の戦争の後の廃墟をさまよう情景のように思っていた。

それが大きく転換したのが2011年3月11日の東日本大震災の後。なぜこの曲を聴いたのか、もはや経緯の記憶は定かではないが、この曲が歌っているのは近未来のことなどではなく、今まさに起こっていることなのだ、と気付いた。そしてさらに、この曲が書かれたのはまさに阪神淡路大震災の直後だったということを下記の記事から知った。

@watopa_q

この記事に引用されている箇所と同じ箇所を引用しておきたい。

悲しみよ 雪になって この街と私を 埋めつくして
さよならよ 歌になって この街に ずっとずっと

悲しみもさよならも引きずるのは良くないけど、確かにそこにあったことは間違いない。それを決して忘れないために、これからもこの歌を聴き続けて行こうと思う。そして、これから起こるであろう悲しみやさよならを少しでも少なくできるよう、この歌を聴くことで感じる痛みから意識を逸らさないようにしたい。最初に感じた「近未来の戦争」までもが現実のものに近づきつつあることにも強く抗いながら。


アルバムは1995年にリリースされ、その後長らく入手難だったが、現在は2007年リリースのリマスター盤(下記)と通常版が出回っている。MP3ダウンロードも可能。

Standard of 90’sシリーズ「FREAK SMILE」(紙ジャケット仕様)(スパンク・ハッピー)

SPANK HAPPYはハラミドリ(vo)、菊池成孔(sax)、河野伸(key)が1992年に結成したグループで、"Freak Smile" は彼等のファーストアルバムである。「悲しむ物体」はアルタード・ステーツ(g: 内橋和夫、b: 那須野満、ds: 芳垣安洋)と大友良英(g)をサポートに迎えてのトラック。

ボーカルのハラミドリ=原みどりは、その後自身のグループでも同曲を演奏している。ずっと泣いているようなSPANK HAPPYのトラックに比べると抑え気味だが、その分じわじわと深く心にしみるものがある。

2014年03月11日 07:53更新
2014年03月11日 01:17投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [冒頭部分を修正しました。 2、3年前から→2年前から 3年前はあり得ないですね。失礼しました。]


トップ 更新