よしむらのブログ


[][うまいもの][うまい店] 英国一家、ますます日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日、 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及さ れている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

と書いた、「続編」にあたるもの。

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

何のことはない、続編だと思った本書に収められている内容こそ、原書でカットされた部分だったのだ。築地場外市場の見学、欧米で悪の権化のごとく認識されているMSG (グルタミン酸ソーダ) の総本山・味の素への訪問取材(内容は理性的で中立的)に始まり、一家四人での各地の食べ歩きも沢山収録されている。もともと一冊の本だった内容なので、ユーモアも毒も同じテンションが維持されていて、日本人でも知らなかったようなことも沢山。書き下ろしの特別番外編と、日本人読者に向けたエピローグでは、著者の日本を愛する気持ちが伝わってくる。

ただ、これは完全に一冊目を読んだ人向けの作りになっているので、これだけを読んでもなぜ彼らが日本で食べ歩いているのか、そもそも彼は誰なのか、などが全くわからないはずである。一方で、ここに収められているエピソードが抜けていたせいで一冊目の流れが不自然になっていた部分もあり、それを補う上では本書が出たことは喜ばしい。ぜひ一冊目を読んだ上で読んでみて頂きたい。

2014年06月08日 18:27更新
2014年06月08日 18:27投稿

[][うまいもの][うまい店] 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日たまたま立ち寄った本屋で平積みになっていた本。ちょっと立ち読みしたら止まらなくなって、そのままレジに直行してしまった。実店舗での本との出会いとしては理想的な展開。これだから本屋に時々は行かないとね(という割にはアマゾンのリンク貼ってみたりw)。

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

著者は英国のトラベル・ジャーナリストでフード・ジャーナリストのマイケルブース。パリの料理学校ル・コルドン・ブルーで1年間修行し、3つ星レストランに在籍していたこともあるという人物である。

ル・コルドン・ブルー時代の友人である日本人シェフに「お前は日本料理のことなんて何もわかっていない」と挑発された彼は、日本食べ歩きの旅を決行する。妻と2人の幼い子供が同行するという想定外の展開ながら、新宿の思い出横丁や札幌ラーメン横丁や福岡の屋台から、大阪北新地のカハラ、銀座の壬生に至るまで、縦横に食べ尽くしていく。しかも、ただ何を食べた、こんな味だった、だけではなく、その料理の味が何によって成り立っているのか、背後にはどんな文化や哲学があるのかにも言及。英国人らしいユーモアと毒も織り交ぜつつ、時には日本人である私が知らないことや、英国人ゆえの勘違いと思われる話、さらには妻や子供の視点がなければ到達しなかったようなエピソードまで。これは読み出したら止まらない。

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及されている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

2014年06月01日 18:29更新
2014年06月01日 18:29投稿

[うまいもの][うまい店] 2013年振り返り 飲み食い編

2013年の飲み食い編です。

Read more...

2014年01月02日 14:14更新
2014年01月02日 14:14投稿

[うまいもの][レシピ] 牛肉の赤ワイン煮(ブフ・ブルギニオン)

しばらく更新をサボってました。すみません。 またぼちぼちいろいろ書きたいと思ってますのでよろしくお願いします。

さて、最近よく行くのが、中目卓球ラウンジの関野チーフが中目黒に昨年開店したビストロ「おまもりブロカント」。ここの牛肉の赤ワイン煮=ブフ・ブルギニオンがめちゃめちゃおいしい。関野さんにレシピを聞いたら思ったほど難しくないので、この連休で挑戦することに。

といっても、ワインで酔った頭にはレシピはきちんと入りきらず、改めてネットで検索。いろいろ探したところこちらのレシピが関野さんレシピに近い気がする。多少違う部分もあるが、今回は基本的にこれに準拠しよう。

フレンチ日記 ブフ・ブルギニオンの作り方  Recette -Boeuf Bourguignon-

まずは牛肉を香味野菜、スパイスとともに赤ワインでマリネ(写真は野菜を入れ始めたところ)。丸一日冷蔵庫に入れておく。

仕込み中
仕込み中 posted by (C)よしむら

一日経ったら肉と野菜を取り出し、鍋を火にかける。肉は焼き目をつけて、野菜は油で炒めて、鍋に戻す。少し水を足し、固形スープも入れて、あとはひたすら弱火でコトコト約5時間。

上記の「フレンチ日記」さんのレシピにあったベーコン、バターの追加は行わず。一方で、途中ソースの味がちょっと物足りない気がしたので、中濃ソースを加え(これは私の勝手な思いつき)、また最後1時間はふたを取ってソースを煮詰めながら煮込んだ。

出来上がり!
出来上がり! posted by (C)よしむら

マッシュポテトを付け合せにして盛り付けたらこんな感じに。

ブフ・ブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮 ブルゴーニュ風)
ブフ・ブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮 ブルゴーニュ風) posted by (C)よしむら

ナイフなんて全くいらないほろほろ、とろとろの肉は、われながら上出来でした。煮詰める前に塩加減をちょうど良くしてしまったので、ちょっと塩気がきつかったのが反省点。あと、きれいに作るには最後に肉を取り出し、香味野菜を捨ててからソースを煮詰めるらしいけど、野菜も一緒に食べたほうがおいしいのでこんな感じに。

一晩マリネする時間はかかるけど、あとは基本的に煮込むだけなので楽チン。お試しを。

[Posted on 2010-09-20]

2010年09月20日 13:39更新

[旅行][うまいもの] 大人の休日 下総上総

昨日(6/5)仕事の関係で千葉の成東へ行った帰路のこと。

遠出した帰りの楽しみといえばやっぱり電車の中での弁当とビール、ワンカップ。駅のコンビニには弁当など置いていなくてちょっとあせったが、車内販売で無事ゲット!でね、「大人の休日 下総上総」というやつだったんだけど、これがなかなかの逸品だったのですよ。

まずはお品書き。

大人の休日下総上総 お品書き
大人の休日下総上総 お品書き posted by (C)よしむら

ちょっと箸をつけた後だけど、中身はこんな感じ。実際には右上の鰯の酢〆めと一緒に落花生田楽が2個、左下のらっきょうがもう1個入っていた。

大人の休日下総上総 中身
大人の休日下総上総 中身 posted by (C)よしむら

例えば海苔の浅炊きは、よくある海苔の佃煮のような濃い味付けではなく、甘み抑え目のあっさりしたもので、酒のつまみにぴったり。他もどれも上品な味付けでおいしい。

パッケージはこんな感じ(実は食べ終わってから再現)。

大人の休日下総上総 パッケージ
大人の休日下総上総 パッケージ posted by (C)よしむら

お値段は1000円。ボリュームを求める人には物足りないかもしれないけど、質的にはコストパフォーマンス高いと思う。おすすめです。

ちなみに、買ったのは特急しおさいの車中、作っているのは万葉軒というところ。

[Posted on 2009-06-06]

2009年06月06日 12:21更新

[うまいもの] フレンチトースト

先日、子供たちと、彼らが幼児期によく食べた料理の話をしていたら、長男が「そういえばお父さんのフレンチトーストを最近食べてない。また食べたい。」などと言い出した。

最近あまりに生意気な口を利くことの多い長男にしてはずいぶんとかわいいことを言ってくれるでないの…そうかそうか。というわけで単純なお父さんは早速翌日に作ってやったのであった。

フレンチトースト
フレンチトースト posted by (C)よしむら

作り方は至って基本どおり。食パンを牛乳に浸し、溶き卵を付けて、バターを溶かしたフライパンで焼く。両面焼けたら出来上がり。あとはお好みではちみつやメイプルシロップをかけて食べるだけ。しっとりふわふわでなかなかおいしいのである。長男、次男とも喜んで食べてくれたので、単純なお父さんは単純にうれしい。

[Posted on 2009-04-13]

2009年04月26日 00:10更新
コメント(3) [コメントを投稿する]

_ inomata [お久しぶりにブログを拝見いたしました。 いいお父さんぶりに、脱帽です。 ps 野中さん、新井さん、安藤さん、原田さん..]

_ Takashi Y. [たぶんおいらの知るよしむらさんで間違いないと思うんですけど、かつてのダブルスペアの横川です。前からときどき思い出して..]

_ よしむら [すみません、反応が遅れました。 inomataさん お久しぶりです。お元気ですか? 別途メールします。 Taka..]


[うまいもの][うまい店] 米国サンノゼでの食事

米国出張中無事帰国で言及したサンノゼ滞在中の食事について。

初日の晩に行った鮨屋「鮨膳」についてはYelpでのレビューをご参照いただきたい。

二日目の晩は、Japan Townにある定食屋Gombeiへ。ここではごはん、味噌汁の付いたごく普通の日本風の定食が食べられる。私が食べたのは「チキン照り焼き&コロッケ定食」で、アメリカに居るのを忘れてしまうほど普通においしい定食だった。こちらも詳細はYelpのレビューへ。

三日目の昼はようやく和食を離れて中華。現地勤務の人の案内でMa's Restaurant 清真馬家館という店に行った。案内してくれた人によれば刀削麺が有名とのことで、お勧めに従い刀削麺の焼麺を食べた。太目のコシのある麺が沢山の具とともに山盛りで出てきて、かなりのボリュームだったが、おいしく平らげた。またまた詳細はYelpのレビュー参照。

三日目の晩にしてついにアメリカンなレストラン。ただしシーフード。上記の中華と同じ人の案内でThe Fish Market Restaurantサンノゼ店に行った。再び案内してくれた人のお勧めに従い、まずは生牡蠣3種の盛り合わせ。現地風の食べ方は、レモンを絞った後みじん切りのしょうがを乗せて、ケチャップ(!)を添えるのだそうな。ちょっと信じられない、と思ったものの、なかなか美味。メインはウェイターお勧めの虹鱒のグリルで、脂の乗った身と上に乗せた野菜のソテーが良い組み合わせ。付け合せのジャガイモもホクホクでおいしい。 ちなみに魚介の煮込みスープ「チオッピーノ」(ほぼブイヤーベースと同じもの?)も有名らしい。詳細は店のホームページYelpのレビューへ。

以上、自分でも忘れないために。

[Posted on 2008-09-23]

2008年09月23日 23:25更新

[旅行][うまいもの][うまい店] 米国出張中

現在仕事で米国カリフォルニア州サンノゼ (San Jose) に滞在中 (2008-09-15〜18)。

同行した人が現地の和食の店をよく知っているため、滞在初日から夕食は鮨!

Sushi & California
Sushi & California posted by (C)よしむら

鮨膳という店の握り6貫とカリフォルニア巻8巻のセット。ご飯がやや柔らかめだったがおいしかった。

翌朝の朝食は、なるべく抑え目にしようということでホテルの朝食ブッフェはあえて避けて、テイクアウトのパンを購入。が、売ってるパンはこんなのばっかり!

巨大クロワッサン!
巨大クロワッサン! posted by (C)よしむら

私の手はかなり大きいほうなので、如何に巨大かお分かりいただけるかと。ちなみに味はGoodです。朝食はこれだけで十分…のはずだったのだが、朝9時からの会議に出てみたらフルーツとペストリーやらマフィンやらが準備されていて、結局ずっしり重いマフィンを1個食べてしまったのであった。やっぱり抑えきれない私。

以上、食べ物の話しかなくてすみません。明日も何か書くかも。

[Posted on 2008-09-16]

2008年09月23日 13:57更新

[旅行][写真][うまいもの][うまい店] 九州旅行2008/8/9〜13 その2

夏休みの九州家族旅行その2。その1はこちら

Read more...

2009年11月08日 13:51更新
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ ヒラシマ [はじめまして。 私は、今月10日に公開を控えているウェブサイト、 「九州征服計画」編集部のヒラシマと申します。 突..]


[旅行][写真][うまいもの][うまい店] 九州旅行2008/8/9〜13 その1

今年の夏休みは九州(主に長崎)に家族旅行に行ったので、いくつか写真などをご紹介しようと思う。ちなみに今回はレンタカーを借りず、主に鉄道で移動する旅行であった。

Read more...

2008年08月31日 01:51更新

トップ 最新 更新