よしむらのブログ


[][うまいもの][うまい店] 英国一家、ますます日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日、 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及さ れている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

と書いた、「続編」にあたるもの。

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

何のことはない、続編だと思った本書に収められている内容こそ、原書でカットされた部分だったのだ。築地場外市場の見学、欧米で悪の権化のごとく認識されているMSG (グルタミン酸ソーダ) の総本山・味の素への訪問取材(内容は理性的で中立的)に始まり、一家四人での各地の食べ歩きも沢山収録されている。もともと一冊の本だった内容なので、ユーモアも毒も同じテンションが維持されていて、日本人でも知らなかったようなことも沢山。書き下ろしの特別番外編と、日本人読者に向けたエピローグでは、著者の日本を愛する気持ちが伝わってくる。

ただ、これは完全に一冊目を読んだ人向けの作りになっているので、これだけを読んでもなぜ彼らが日本で食べ歩いているのか、そもそも彼は誰なのか、などが全くわからないはずである。一方で、ここに収められているエピソードが抜けていたせいで一冊目の流れが不自然になっていた部分もあり、それを補う上では本書が出たことは喜ばしい。ぜひ一冊目を読んだ上で読んでみて頂きたい。

2014年06月08日 18:27更新
2014年06月08日 18:27投稿

[][うまいもの][うまい店] 英国一家、日本を食べる (著:マイケル・ブース、訳:寺西のぶ子、亜紀書房)

先日たまたま立ち寄った本屋で平積みになっていた本。ちょっと立ち読みしたら止まらなくなって、そのままレジに直行してしまった。実店舗での本との出会いとしては理想的な展開。これだから本屋に時々は行かないとね(という割にはアマゾンのリンク貼ってみたりw)。

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)(マイケル・ブース/寺西 のぶ子)

著者は英国のトラベル・ジャーナリストでフード・ジャーナリストのマイケルブース。パリの料理学校ル・コルドン・ブルーで1年間修行し、3つ星レストランに在籍していたこともあるという人物である。

ル・コルドン・ブルー時代の友人である日本人シェフに「お前は日本料理のことなんて何もわかっていない」と挑発された彼は、日本食べ歩きの旅を決行する。妻と2人の幼い子供が同行するという想定外の展開ながら、新宿の思い出横丁や札幌ラーメン横丁や福岡の屋台から、大阪北新地のカハラ、銀座の壬生に至るまで、縦横に食べ尽くしていく。しかも、ただ何を食べた、こんな味だった、だけではなく、その料理の味が何によって成り立っているのか、背後にはどんな文化や哲学があるのかにも言及。英国人らしいユーモアと毒も織り交ぜつつ、時には日本人である私が知らないことや、英国人ゆえの勘違いと思われる話、さらには妻や子供の視点がなければ到達しなかったようなエピソードまで。これは読み出したら止まらない。

ところで、実は原書 (この本は本来欧米の読者に向けて書かれたものなのだ)では言及されている話題のいくつかが、本書の翻訳時には省略されているらしい。これは原書も読んでみた方が良いかな…。一方で、続編が出ているようなので、それも興味深い。次はどっちを読もうか。

2014年06月01日 18:29更新
2014年06月01日 18:29投稿

[うまいもの][うまい店] 2013年振り返り 飲み食い編

2013年の飲み食い編です。

Read more...

2014年01月02日 14:14更新
2014年01月02日 14:14投稿

[うまいもの][うまい店] 米国サンノゼでの食事

米国出張中無事帰国で言及したサンノゼ滞在中の食事について。

初日の晩に行った鮨屋「鮨膳」についてはYelpでのレビューをご参照いただきたい。

二日目の晩は、Japan Townにある定食屋Gombeiへ。ここではごはん、味噌汁の付いたごく普通の日本風の定食が食べられる。私が食べたのは「チキン照り焼き&コロッケ定食」で、アメリカに居るのを忘れてしまうほど普通においしい定食だった。こちらも詳細はYelpのレビューへ。

三日目の昼はようやく和食を離れて中華。現地勤務の人の案内でMa's Restaurant 清真馬家館という店に行った。案内してくれた人によれば刀削麺が有名とのことで、お勧めに従い刀削麺の焼麺を食べた。太目のコシのある麺が沢山の具とともに山盛りで出てきて、かなりのボリュームだったが、おいしく平らげた。またまた詳細はYelpのレビュー参照。

三日目の晩にしてついにアメリカンなレストラン。ただしシーフード。上記の中華と同じ人の案内でThe Fish Market Restaurantサンノゼ店に行った。再び案内してくれた人のお勧めに従い、まずは生牡蠣3種の盛り合わせ。現地風の食べ方は、レモンを絞った後みじん切りのしょうがを乗せて、ケチャップ(!)を添えるのだそうな。ちょっと信じられない、と思ったものの、なかなか美味。メインはウェイターお勧めの虹鱒のグリルで、脂の乗った身と上に乗せた野菜のソテーが良い組み合わせ。付け合せのジャガイモもホクホクでおいしい。 ちなみに魚介の煮込みスープ「チオッピーノ」(ほぼブイヤーベースと同じもの?)も有名らしい。詳細は店のホームページYelpのレビューへ。

以上、自分でも忘れないために。

[Posted on 2008-09-23]

2008年09月23日 23:25更新

[旅行][うまいもの][うまい店] 米国出張中

現在仕事で米国カリフォルニア州サンノゼ (San Jose) に滞在中 (2008-09-15〜18)。

同行した人が現地の和食の店をよく知っているため、滞在初日から夕食は鮨!

Sushi & California
Sushi & California posted by (C)よしむら

鮨膳という店の握り6貫とカリフォルニア巻8巻のセット。ご飯がやや柔らかめだったがおいしかった。

翌朝の朝食は、なるべく抑え目にしようということでホテルの朝食ブッフェはあえて避けて、テイクアウトのパンを購入。が、売ってるパンはこんなのばっかり!

巨大クロワッサン!
巨大クロワッサン! posted by (C)よしむら

私の手はかなり大きいほうなので、如何に巨大かお分かりいただけるかと。ちなみに味はGoodです。朝食はこれだけで十分…のはずだったのだが、朝9時からの会議に出てみたらフルーツとペストリーやらマフィンやらが準備されていて、結局ずっしり重いマフィンを1個食べてしまったのであった。やっぱり抑えきれない私。

以上、食べ物の話しかなくてすみません。明日も何か書くかも。

[Posted on 2008-09-16]

2008年09月23日 13:57更新

[旅行][写真][うまいもの][うまい店] 九州旅行2008/8/9〜13 その2

夏休みの九州家族旅行その2。その1はこちら

Read more...

2009年11月08日 13:51更新
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ ヒラシマ [はじめまして。 私は、今月10日に公開を控えているウェブサイト、 「九州征服計画」編集部のヒラシマと申します。 突..]


[旅行][写真][うまいもの][うまい店] 九州旅行2008/8/9〜13 その1

今年の夏休みは九州(主に長崎)に家族旅行に行ったので、いくつか写真などをご紹介しようと思う。ちなみに今回はレンタカーを借りず、主に鉄道で移動する旅行であった。

Read more...

2008年08月31日 01:51更新

[音楽][ライブ][うまい店] アリエル・アッセルボーン、青木菜穂子 (2008年6月5日 大泉学園 in F)

アリエル・アッセルボーン青木菜穂子でタンゴをやる、という魅力的なライブ。場所は前々から行きたいと思っていた大泉学園のin F。というわけで、行って来ましたよ (2008年6月5日 20:00〜)。

実はアリエルとは、2006年11月の南青山マンダラでの青木さんのライブのときに隣に座って知り合いになった、という経緯がある。私にとっては何やら縁を感じる二人の共演なのだ。

アリエルのハイトーンの声によるタンゴは、当然ながら普通のタンゴ歌手とは違う感覚で、新鮮だった。「ボルベール」「ウノ」「想いの届く日」「最後のコーヒー」「ナーダ」など、悲しみや寂しさをしゃれた雰囲気のメジャーキーのメロディーに乗せた曲ばかりで(「想いの届く日」だけは幸せいっぱいだけど)、青木さんのピアノとの相性もぴったり。そういえば青木さんと共演の多いSayacaさんの歌い方とも少し近い部分があるのかもしれない。

ギターによるタンゴもすばらしかった。特にピアノとのドゥオによる「ブエノスアイレス午前零時」は、静かな中にもスリルがあって、個人的にはこの日一番の収穫。

あとは、フォルクローレをたくさん。知らない曲ばかりだったが、特にサンバ(アルゼンチン・サンバ)でピアノとギターのリズムの絡み合い、メロディーの響き合いが絶妙で、とてもよかった。

ちなみに、アリエルのブログにもこの時のことが書かれている。写真入り。


さて、in Fはおいしい地酒と料理が揃っているとの評判を聞いていて、実はこれが楽しみだったのだが、評判どおり本当においしかった。

特に「鮭の酒浸し」が旨かったなぁ。塩だけで干した鮭を薄めにスライスして、少量の酒に浸したもの。カチカチの鮭が酒で少しやわらかくもどされ、何とも味わい深い。「たたき梅の大根はさみ」は大根のしゃきしゃき感がたまらない。お酒は「ちょっと濃い目のやつ」とリクエストして選んでもらった緑川のにごり「ゆららか」。あーーー幸せ。

もっとも、実は翌朝見事に二日酔いで頭ズキズキだった。そんなに飲んだわけでもないのに。だって生ビール2杯と上記の「ゆららか」2杯、あと「こんどはすっきり系で」とお願いしたお酒を1杯…あ、いや、そんなに少なくはないか。でも私としてはそんなに多くもない。帰り道も普通だったし(だよね?>途中まで一緒だった方々)。多分空きっ腹で飲んだのがいけなかったのだな。うん、そういうことにしておく。

[Posted on 2008-06-07]

2008年07月06日 07:47更新
コメント(3) [コメントを投稿する]

_ 泉野正人 [『よしむらのブログ』を読んでると よしむらさんの本←泉野正人プロデュ-スによる出版化計画!! こんなこと やりたい!..]

_ 泉野正人 [本日5日(土) 大塚グレコ に行ってきました 青木菜穂子さんと喜多さんとの顔合わせ 実は僕 はじめてだったんですけど..]

_ よしむら [泉野さん、どうもありがとうございます。本ですか!?いやー、そんなことが出来たらすごいですね。全然無理と思いつつも、私..]


[うまい店][うまいもの] 国立・大魚菜

過日、所用で国立へ行く機会があった。ちょうど昼時にかかるので、どこかで昼食を、と思い、事前に下調べ。いろいろあった中から見つけたのがこちら。

大魚菜(だいぎょうさい)

当日いただいたのは、日替わりの丼で「かつおのねぎ味噌丼」。コーヒーつきで確か1250円。

食前にジャガイモの冷製スープが出て、そのあとメインの丼と小鉢、漬物、味噌汁。丼の薬味としてねぎ、茗荷、しその刻んだものが添えられ、さらにお茶漬けにも出来るように熱いだし汁も付いてくる。

とにかくごはんに乗ったかつおがおいしい。味噌との相性もばっちり。 食事の前半はそのままふつうに食べて、半分ぐらいになったところでだしをかけてお茶漬けに。だしの熱でかつおの表面がわずかに霜降りになり、これがまた美味。一気に頂いてしまった。

ごちそうさま!

[Posted on 2008-05-13]

2008年05月20日 00:15更新
コメント(2) [コメントを投稿する]

_ 泉野正人 [いやぁ〜 おいしソぉ- ソソリますね ゴックンです!]

_ よしむら [お近くでしたらぜひ。おすすめです。 夜もいいらしいですよ。]


[うまい店] 吉祥寺・中華 一番

本日 (5/3) は一家で吉祥寺に買い物に出かけた。昼食は中華の「一番」 (リンクは吉祥寺でごはん)。私自身はずっと昔から時々利用していた店だが、最近は家族も気に入ってくれて、一家の吉祥寺での昼食がこの店になる確率は非常に高い。

割と小綺麗な内装とジャズの流れる雰囲気から、女性や家族連れのお客さんも多い。メニューは定食、麺、チャーハン、中華丼などで、本格中華の店というよりは町の中華屋さんといった感じ。で、ここの店の特徴は何といってもハンパじゃないボリュームである。例えば人気メニューにカタヤキソバがあるのだが、洗面器のような大きさの器に盛られてくる (おしゃれな感じの皿ではあるのだが、とにかくデカい)。私でも一瞬怯むような量であるが、今日は妻と長男がそれぞれ一皿ずつ平らげた。あんかけが野菜たっぷりで、量の割には食べ切れてしまうらしい。私と次男はエビチャーハン。こちらもおいしい。

過去の経験では、いろいろある定食も外れがない。お勧めの店である。

2007年05月04日 01:06更新

トップ 最新 更新