よしむらのブログ


[音楽][ライブ] ブエノスアイレスのマリア (2014年7月15日19:00~ 板橋区立文化会館)

昨年(2013年)のオペラシティでの歴史的公演以来、約1年ぶりの『ブエノスアイレスのマリア』である。諸事情により行けないと思っていたが、土壇場でスケジュールの都合がついたので公演前日に慌ててチケット手配。2階席の後ろから2列目で、ステージからははるか遠いものの、比較的真ん中に近い席だったのはラッキーだった。

ブエノスアイレスのマリア 開演直前
ブエノスアイレスのマリア 開演直前 posted by (C)よしむら

今年の公演は海外からのゲストは無し。2013年の江古田Buddyや小牧市での公演と同様に、Sayaca、KaZZmaが歌、片岡正二郎が語りを担当した。

前回からずいぶんと間が空いていることもあり、どんな演奏になるか期待と不安が入り混じる気持ちで開演を迎える。果たして出だしからやや演奏が硬い。ただ、片岡正二郎の語りが昨年とは違う。昨年はどちらかというと声を張り上げていることが多く、ともすると一本調子になりがちだった印象があるのだが、今年は抑えるべきところは抑え、叫ぶべきところは叫ぶ。起伏に富んだ語りは聴く者をぐっと作品の中に引き込む。歌のKaZZmaも、時には本来の美声や音程を犠牲にすることも厭わず、歌声に怒りや悲しみを込める。 やがて第1部後半から演奏も硬さが取れてくる。こうなるとこのメンバーはやはり凄い。演奏と歌が一体となって我々に迫る。この日の聴きどころは第2部の「精神分析医のアリア」。後半でのスペイン語の語りは、少なくとも日本では今回のSayacaを超えられる人はそういないだろう。

メンバーが昨年、アメリータ、ギジェルモ、レオナルドという素晴らしいゲストを迎えてオペラシティでの公演を体験したことは、やはりかけがえのない財産となっているに違いない。その只中にいた演奏者はもちろん、歌と語りの3名も、ゲスト陣が残したリファレンスから多くを吸収し、咀嚼し、自分のものにしてきたのではないかと思う。まだまだ進化できる。その進化をずっと証人として見届けたい。そんな風にも感じる公演だった。これからもぜひ、できることなら毎年、演奏し続けて欲しい作品である。

メンバー

2014年07月27日 16:00更新
2014年07月27日 16:00投稿

[音楽][ライブ][ビデオ] ロックとわたくし5

6月9日はロックの日!去年はアップしそこねたし、今年も日付が変わる前に書き終えるかどうか難しそうだけど、まあとにかくロックの日!

Read more...

2014年06月10日 00:31更新
2014年06月10日 00:30投稿

[音楽][ライブ][CD] 帰ってきたトリコさん / tricot (2014年3月20日 東京・赤坂BLITZ)

2014年3月20日、赤坂BLITZでのtricotのワンマンライブに行ってきた。先日のエントリー(tricotの虜になってしまった!~tricot / THE)でも書いた通り、個人的にはどストライクのバンド。

行こうと思い立ったのは3月に入ってからで、いくつかのチケット予約では既に完売になっていたのだが、なぜかローソンチケットでは購入可能!勢い余って2枚買っちゃって譲る相手を探すのにちょっと手間取ったり…

で、ともかく行ってきた。

2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット
2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット posted by (C)よしむら

素晴らしいライブだった。どれぐらい素晴らしかったか…なんと小島寛之さんがブログにレビューを書いているのでまずはご一読頂きたい(赤坂ブリッツで、Tricotのワンマンライブを観てきた。 - hiroyukikojimaの日記)。私としてもこの内容に強く共感する(特にベースのヒロミ・ヒロヒロがかわいいという件…だけじゃなくほぼ全面的に)。

とにかく超絶複雑な楽曲なのにポップで踊れて熱い!ボーカルの中島イッキュウが、曲がブレークするタイミングで「踊れ!」と叫び、オールスタンディングのフロアはみんな踊りまくる(私はぎこちなくステップを踏む程度だけど)。ステージ近くでは肩車で宙に浮く人、回転する人、飛ぶ人、などなど。

小島さんがギターのキダ モティフォをロバート・フリップになぞらえているのもすごくわかる気がする。クリーントーンの単音変態リフやベースとのハモリ、動と静の場面転換などはふとキング・クリムゾンの影が見えた気がしてしまう。私としても、tricotはニューロックとかポストロックとかよりプログレと呼びたい気持ちでいっぱいだ。

一方で、メロウな「タラッタラッタ」や壮大な「Swimmer」は感動的だったな。グルーヴが大きい。ボーカルが切ない。

ところで今回、ぜひとも、と思い立って行くことにした理由のひとつはドラムスのkomaki♂の脱退が発表されたこと。小島さんも書いている通り、tricotの楽曲が成り立つ上で彼の存在は欠くことができなかったはずで、彼がいる状態でのtricotを絶対観ておくべきだ、と思ったのだった。実際最後まで重くタイトなドラミングが楽曲を引き締め、素晴らしかった。今後の彼の活動にも注目したい。

終演後、同行者とビールを飲みながら食事した際に「彼女らは一体何を聴いてきてこんな音楽を作るに至ったんだろう」という話が出たりしたのだが、そのヒントとなるインタビュー記事があった。

Roland Music Communication Vol.9:tricot

え?イーグルス??

…まあそれはともかく(ちょっと動揺)、セッションしながら「まずインストだけ聴いてもカッコイイ状態を作って、そこに後から歌を乗せて、さらにカッコよくする」という曲の作り方など、興味深い話がいろいろ。

また、この日演奏された「爆裂パニエさん」などを含む1stミニアルバム『爆裂トリコさん』は永らく廃盤だったそうなのだが、3/19に再発されたとのこと。会場でも売られていたようだが混雑から購入は断念、Amazonで早速注文してみたので届くのが楽しみ!

爆裂トリコさん(tricot)

2014年03月25日 23:28更新
2014年03月23日 00:46投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部語句を修正しました(内容的には変化ありません)。]


[音楽][ライブ][CD] 岩川光トリオ (2014年3月14日 19:30~ 東京・神楽坂セッションハウス)

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住の岩川光 (ケーナ、サンポーニャ) が、2014年2月28日から林正樹 (ピアノ)、佐藤芳明 (アコーディオン) と共に日本をツアーしている。3月14日、その折り返し点にあたる東京・神楽坂セッションハウスでのライブに行ってきた (以下はFacebookに書き込んだ感想をもとに加筆修正したもの)。

岩川光トリオ@セッションハウス
岩川光トリオ@セッションハウス posted by (C)よしむら

当日演奏されたのは大半が岩川の作品。ケーナやサンポーニャといっても、容易に連想される「素朴なアンデスの響き」とかでは全然なくて、超絶複雑なリズムのすごい音楽。でも所々にワイノやチャカレーラっぽいリズムが混ざったり、超高速ユニゾンや即興ソロもあれば小鳥の声や風の音もあったり、ほんと面白いのなんの。

林正樹、佐藤芳明もそれぞれ1曲ずつ提供。演奏面でも三者全く対等で、スリリングで美しくて刺激的なあっという間の5時間半…もとい2時間余りだった (すみません、最後は行った人向けネタでした)。

以下曲目は会場での掲示より。

  • 第1部
    1. Canción:II (岩川) ← 撮った写真が不鮮明でIかIIか判読困難 (どなたかおわかりでしたら教えて下さい)
    2. Fiesta:V (岩川)
    3. La cuna (岩川)
    4. La carta de la luna (林)
    5. 地球の裏側のためのカノン-canon para el otro lado del mundo (佐藤)
    6. Después del carnaval (岩川)
  • 第2部
    1. Interludio:I (岩川)
    2. Baile infinito en sue{'ñ'}os (岩川)
    3. Canción:IV (岩川)
    4. Paramania (岩川)
    5. Danza del aire:IV (岩川)
    6. Un camino hacia vos (岩川)
  • アンコール
    • Kafu mi draga ispeci (ボスニア民謡)

会場でメンバーそれぞれのCDも入手。これらについては追って別途。

佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」
佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」 posted by (C)よしむら

ちなみに今回のトリオの映像は、現時点(2014/3/17)ではYouTube上にないので、アルゼンチンのギタリスト、キケ・シネシと岩川光のデュオの映像を貼っておく。いきなりケーナ2本持ちとか…彼の凄さの一端はおわかりいただけるかと。

(2014-03-22追記)

トリオの映像が公開されたので追加しておく。"Despues de carnaval" (カーニバルの後で)。第1部の最後の曲である。凄いでしょ?(笑)

2014年03月22日 22:19更新
2014年03月17日 00:30投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部表現を修正、追記し、またYouTubeに上がっていたトリオの映像を追加。さらにキケ・シネシとの映像については埋め..]


[音楽][ライブ][CD] グレコス・タンゴ・オルケスタ『永遠の旋律』 (2014年1月24日 18:30~ 東京・中野サンプラザホール)

今年(2014年)で45回目を迎える民音タンゴ・シリーズ。今回来日したのはエミリアーノとラタウロのグレコ兄弟が率いる《グレコス・タンゴ・オルケスタ》である。コンサートのタイトルは『ドラマチック・タンゴ 永遠の旋律』。公演初日、1月24日の夜公演を東京・中野サンプラザホールで観てきた。

ピアニストのエミリアーノは1983年生まれ、バンドネオン奏者のラタウロは1987年生まれ、他の奏者も同世代が中心で、非常に若い楽団である。もともとグレコ兄弟は2003年に結成された《ビセベルサ》という五重奏団で名が知られるようになったが、当時2人はそれぞれ20歳と16歳!そこから10年余りのキャリアを積んでおり、若いと言っても経験も実力も十分なのだ。

この日のステージは、その若さと実力を存分に発揮し、勢いのある素晴らしい演奏を聴かせてくれた。《ビセベルサ》では自由奔放な編曲で古典タンゴを料理していたが、今回は自分たちのオリジナリティを活かした編曲と、過去の名楽団による人気のある編曲を大体半分ずつぐらいの割合で採用。ダンスを交えたショーであることも勘案してエンターテインメントに徹した部分もあるのかと思う。プグリエーセもトロイロもダリエンソもありで、やや一貫性に欠けるきらいはあったが、どれも余裕で弾きこなしてしまう演奏力はさすが。個人的には彼等のオリジナルアレンジの「ラ・カチーラ」や「ダンサリン」が印象に残った。第1部最後から第2部前半にかけてプグリエーセ・スタイルが続いたのも興味深かったが、「ノチェーロ・ソイ」などはもう少し渋みが欲しかったか。

ダンスもキレのある動きは素晴らしかった。ところどころちょっとアクロバティックすぎる演出があったのは個人的には好みではないが、客席からは歓声が上がり、多くの人の目を釘付けにしていたのは間違いない。

歌手のメリーナ・リベラッティは…んー、まあまあ(^^;;

ちなみに来日記念盤CD、ライナーは私が書いた。機会があったらぜひお手にとって頂きたい(ライナー読んでもらうには買っていただくしかないかな?) コンサートに行かれる方もそうでない方も、よろしくお願いします。

グレコス・タンゴ・オルケスタ 日本公演プログラムと来日記念盤
グレコス・タンゴ・オルケスタ 日本公演プログラムと来日記念盤 posted by (C)よしむら

グレコス・タンゴ・オルケスタ来日記念盤『タンゴ、永遠の旋律』ライナー
グレコス・タンゴ・オルケスタ来日記念盤『タンゴ、永遠の旋律』ライナー posted by (C)よしむら

2014年01月26日 16:01更新
2014年01月26日 16:01投稿

[音楽][ライブ] オペリータ「うたをさがして」 (2014年1月7日 東京・いずるば)

乾千恵さん、齋藤徹さんによるオペリータ「うたをさがして」。公演の詳細はこちらを参照してください。

オペリータ「うたをさがして」

以下は終演後書いたFacebookのコメントに加筆修正したものです。

深く心に染み入る舞台でした。震災を期に一気に書き上げられたという言葉はもっと激しいのかと思っていたけど、静かな一言一言の重みがすごい。音楽はタンゴやチャカレーラ、カルナバリートといったアルゼンチンのリズムを織り込みつつ、言葉を乗せるメロディーはゆったりと美しく空間が感じられるものでした。ジャンさんのダンスも動と静の対比が素晴らしい。

ピアソラ=フェレールが『ブエノスアイレスのマリア』の作品形態として名付けた《オペリータ》という形式は継承しながらも、彼等が音も言葉も濃密に詰め込んだのとは対極の、(安易な言い方かもしれないけど)東洋的なオペリータだったと思います。

歌のさとうじゅんこさんが急病のため、松本泰子さんが急遽代役出演。素晴らしかったです。アンコールでちょっと解き放たれた感じだったのがまた良かったなあ。

明日(2014年1月9日)東京でもう一日、その後西日本で公演がありますので、ぜひ観に行って頂きたいです!

2014年01月08日 09:27更新
2014年01月08日 09:27投稿

[音楽][CD][ライブ][ミュージカル] 2013年振り返り ライブ、CD編

2013年後半は殆どBlogを書いていなかったので、せめて1年の振り返り記事でも書こう…と思い大晦日に着手したら思いの外(予想通り?)時間がかかりすぎ。結局年明けの本日2014年1月2日に公開。なお、ほとんどの文章はFacebookに書き込んだ記事やコメントに一部加筆修正したものです。

Read more...

2014年01月02日 13:43更新
2014年01月02日 13:43投稿

[音楽][ライブ][CD] ブエノスアイレスのマリア(2013年6月29日15:00~ 東京オペラシティ)

『ブエノスアイレスのマリア』公演(2013年6月29日15:00~ 東京オペラシティ)から既に一週間が経過。その間に、既にあちこちでこの歴史的な公演に関する文章が発表されている。それらを読めば、既に私が書き加えるべきこともないのだが、自分のための記録として遅まきながらいくつかのこと書いておきたいと思う。

既に何度か書いているように、この演目はもともと2011年3月19日に行われるはずだったもの。前年に公演の予定がアナウンスされた際には私自身大いに期待し、盛り上がった。しかしながら公演の直前、東日本大震災とそれに続く原発事故の発生で、止むを得ず中止に。中止の決定が下ったあと、帰国したゲスト2名を除く演奏者たちは自分たちのために最後のリハーサルを行い、いつか必ず再結集して公演行うことを誓い合いながら解散した、と聞いている。

それから2年数ヶ月、その間にはコントラバスの松永孝義が永眠するという悲しい出来事もあったが、とにかくついに『ブエノスアイレスのマリア』が帰ってきた!

今回の公演メンバーは以下の通り。

アメリータ、ギジェルモ、田中以外は2011年のメンバーと全く同じである。演奏曲目はもちろんアストル・ピアソラ=オラシオ・フェレール作『ブエノスアイレスのマリア』全16場のみ。

ステージに演奏メンバーが並んだのを見ただけでもう目が潤んでしまう。低音弦のアルコが最初の一音を奏でた瞬間に鳥肌が立つ。小悪魔の第一声で震える。正直なところ、最初から平常心を失っていたことは事実ではある。だが彼等の演奏は、その入れ込み過ぎの感情を軽く受け止め、それ以上の高みへと誘ってくれた。中でも特に圧倒されたのが小悪魔役、ギジェルモ・フェルナンデスの語りだ。美しく深みのある声で、抑えた哀しみからあふれる怒りまでを自在に表現。オリジナル録音でのオラシオ・フェレール自身による語りをも超えている!

そして、この人の存在こそがマリア!というアメリータ・バルタール。姿を現した瞬間からステージは彼女のためのものになってしまった。ハスキーで魅力的な歌声は45年前と同じ。それ以上に場の進行に従ってどんどん神がかって行く歌唱のすごさ。

これら二人があまりに圧倒的で、その分やや目立たなかった感のあるレオナルド・グラナドスだが、彼のひたむきで堅実な歌唱は役柄にもぴったり。

演奏のTokyo Tango Dectetは、楽曲の土台にしっかりと横たわるタンゴを、そのリズムのうねりから精神性に至るまで余すところなく表現。タンゴに対する深い理解と愛情を全員が共有しているからこその素晴らしい演奏だった。

さらに、複雑で難解な詩を、ただ言葉として素直に感じ、受け止めることができたのは、比嘉世津子の字幕訳詩のおかげ。彼女も最高の共演者だったといえるだろう。

最後のクライマックスに向かう前の「精神分析医のアリア」「小悪魔のロマンス」のなんと美しいこと。続く「アレグロ・タンガービレ」「受胎告知のミロンガ」で一気に盛り上がり、そして最終場「タングス・デイ」冒頭で今一度暗く沈み込む。そこから徐々に緊迫感を増し、取り様によっては救いのない輪廻、あるいは取り様によっては未来への希望とともに迎える結末。

ただただ、最良のコンサートだった。


なお、この日のコンサートはライブ録音され、2013年8月28日にCDとして発売される予定。

ブエノスアイレスのマリア(小松亮太)

ソニー・ミュージックの商品ページ


出演者自らが書いた本公演に関するブログ記事はこちら。

2013年07月06日 16:41更新
2013年07月06日 16:41投稿

[音楽][ライブ] 超直前情報!『ブエノスアイレスのマリア』

アストル・ピアソラとオラシオ・フェレールによるオペリータ(小オペラ)『ブエノスアイレスのマリア』の公演がいよいよ目前に迫って来た(2013年6月29日、東京オペラシティにて)。いや目前というか明日だし。

1968年に発表された『ブエノスアイレスのマリア』は、ピアソラにとっては1965、6年ごろからの作曲面でのスランプを脱出する契機となった作品である。きっかけとなったのは、オラシオ・フェレールが持ち込んだ詩の草稿。そこから2人の共同作業によりこの大作が生まれ、今もピアソラの生涯における金字塔といわれる作品となったのであった。

しかしながらこの作品、構成している各曲は必ずしも有名ではなく(有名なのは「フーガと神秘」と、近年新しい歌詞で「私はマリア」としても知られる「受胎告知のミロンガ」ぐらいか)、また詩も全編にわたってシュールで難解。いきなり聴いても面食らって終わるのではないか、という心配がある。そこで公演を観る上での予備知識的なものを書けないか、と思ったのだが、こんな限られた時間に私が書けるような内容ではない…と、小松亮太自身が渾身の解説を書いているではないか!というわけで、私が下手なことを書くよりぜひそちらを読んでいただきたく、ここにご紹介しようと思う。

ぜひ総論だけでも読んでいただきたい。果たしてここに書かれているのが正解かどうかはわからないが、一つの解釈として興味深いものがある。加えて、1960年代後半といえばタンゴはロックンロールなどの外来音楽に押されて死にかけていた時期であり、そのタンゴの命運を、救いがないようでありつつ輪廻と未来を感じさせるような物語に重ねているようにも私には思える。

今回の公演、演奏は小松亮太率いるTokyo Tango Dectet。歌手にはピアソラ=フェレールの本作オリジナルキャストであるアメリータ・バルタールと、昨年(2012年)にやはり小松亮太が演奏したピアソラ=ボルヘスの『エル・タンゴ』にも参加していたレオナルド・グラナドス、そして語りに現代のタンゴ界のスター歌手であるギジェルモ・フェルナンデスを迎えるという豪華キャストである。ご存知の方も多いと思うが、実は2011年3月にレオナルド・グラナドス以外は別のキャストを迎えて公演が行われる予定だったが、あの不幸な震災で中止となってしまった。公演予定日直前、極限状態の中リハーサルを行った時から2年余りの歳月の重みが、演奏内容にどんな深みを与えるだろうか。

上記の記事にもしつこく書かれていたが、本公演の直前となる6月24日、江古田Buddyではオール日本人キャストによる『ブエノスアイレスのマリア』の公演があった。歌手にSayaca、KaZZma、語りに片岡正二郎を迎えたこちらの内容もとても素晴らしいものだった。オペラシティでの公演にも否が応にも期待が高まる。

2013年06月28日 01:08更新
2013年06月28日 01:08投稿

[音楽][ライブ] ニコラス・レデスマがやって来る!

今年(2013年)の民音タンゴ・シリーズはニコラス・レデスマ楽団。いつも素晴らしいタンゴ楽団がやって来る民音タンゴ・シリーズだけど、今年は特にすごい!

ニコラス・レデスマは1965年アルゼンチン、ラ・パンパ生まれのピアニスト。幼い頃より地元の楽団で演奏し、15歳で巨匠オラシオ・サルガンに師事。1992年には現代最高のバンドネオン奏者の一人、レオポルド・フェデリコの楽団に加入し、同楽団のメンバーとして何度か来日も果たしている。その後もフリオ・パネ他多くのミュージシャンと共演。映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」でも巨匠たちの集う楽団のピアニストという重責を担った。日本人との縁も多く、小松亮太の2004年のアルバム「タンゴローグ 」にも参加。またオルケスタ・アウロラの共同リーダーの一人、青木菜穂子の師でもある。

そんな彼が率いる楽団のメンバーがまたすごい。第一バイオリンはパブロ・アグリ。1968年生まれの彼は、1960年代~70年代にアストル・ピアソラのグループで常にバイオリンを弾いていたアントニオ・アグリを父に持つ、現代の最重要バイオリニストの一人。第一バンドネオンはオラシオ・ロモ。彼は1973年生まれで小松亮太と同い年。レオポルド・フェデリコ楽団を始めとして数多くの楽団で活躍し、ホセ・リベルテーラ亡き後のセステート・マジョールの中心メンバーでもある。やはり映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」の楽団でも演奏。コントラバスのエンリケ・ゲーラは1952年生まれで、フリオ・パネのトリオなどでレデスマとは同僚。やはり現代の最高峰の一人である。これらのミュージシャンを中心とした8名編成の楽団と、レデスマの妻でもある歌手マリア・ビビアーナ、そしてダンスが3組。これは観ごたえのあるステージなることは間違いないだろう。

公演は1/16(水)の神奈川県民ホールを皮切りに3月まで全国で行われる。詳しくは上記のサイトを参照されたい。

せっかくなので、レデスマの演奏をいくつか紹介しよう。まずは今回の来日メンバーに近い編成(バンドネオンが一人多いが)でのライブ映像でレデスマとレオポルド・フェデリコの共作「タンゴの夢」(映像埋め込みが無効なのでリンクのみ)。

YouTubeで視聴

こちらは歌手(おそらくマリア・ビビアーナ)を加えての「花咲くオレンジの木」。バンドネオンが一人で、ギターが加わった編成になっている。

YouTubeで視聴

レオポルド・フェデリコ楽団での演奏「名曲メドレー」(さらば草原よ~ガウチョの嘆き~太陽のマランボ~一滴の涙~ラ・プニャラーダ~バンドネオンの嘆き)。これは2006年にダニエル・バレンボイムがブエノスアイレス交響楽団を指揮してタンゴを演奏した際にフェデリコ楽団をゲストとして招いた際の映像である。

YouTubeで視聴

もう一本、レオポルド・フェデリコがトリオで演奏した「アストル・ピアソラ・メドレー」(認識できた分でコントラバヘアンド~ブエノスアイレス零時~ブエノスアイレスの春~ブエノスアイレスの冬~来るべきもの)。

YouTubeで視聴

もちろん巨匠フェデリコもすごいが、そのフェデリコが全幅の信頼をおくのがレデスマなのである。以前からのタンゴファンはもちろん、タンゴにちょっと興味のある方も、現代最高レベルのタンゴに直接触れるチャンス!ぜひとも足を運んでいただきたい。

2013年01月15日 00:06更新
2013年01月15日 00:06投稿

トップ 最新 更新