よしむらのブログ


[音楽][ライブ] ブエノスアイレスのマリア (2014年7月15日19:00~ 板橋区立文化会館)

昨年(2013年)のオペラシティでの歴史的公演以来、約1年ぶりの『ブエノスアイレスのマリア』である。諸事情により行けないと思っていたが、土壇場でスケジュールの都合がついたので公演前日に慌ててチケット手配。2階席の後ろから2列目で、ステージからははるか遠いものの、比較的真ん中に近い席だったのはラッキーだった。

ブエノスアイレスのマリア 開演直前
ブエノスアイレスのマリア 開演直前 posted by (C)よしむら

今年の公演は海外からのゲストは無し。2013年の江古田Buddyや小牧市での公演と同様に、Sayaca、KaZZmaが歌、片岡正二郎が語りを担当した。

前回からずいぶんと間が空いていることもあり、どんな演奏になるか期待と不安が入り混じる気持ちで開演を迎える。果たして出だしからやや演奏が硬い。ただ、片岡正二郎の語りが昨年とは違う。昨年はどちらかというと声を張り上げていることが多く、ともすると一本調子になりがちだった印象があるのだが、今年は抑えるべきところは抑え、叫ぶべきところは叫ぶ。起伏に富んだ語りは聴く者をぐっと作品の中に引き込む。歌のKaZZmaも、時には本来の美声や音程を犠牲にすることも厭わず、歌声に怒りや悲しみを込める。 やがて第1部後半から演奏も硬さが取れてくる。こうなるとこのメンバーはやはり凄い。演奏と歌が一体となって我々に迫る。この日の聴きどころは第2部の「精神分析医のアリア」。後半でのスペイン語の語りは、少なくとも日本では今回のSayacaを超えられる人はそういないだろう。

メンバーが昨年、アメリータ、ギジェルモ、レオナルドという素晴らしいゲストを迎えてオペラシティでの公演を体験したことは、やはりかけがえのない財産となっているに違いない。その只中にいた演奏者はもちろん、歌と語りの3名も、ゲスト陣が残したリファレンスから多くを吸収し、咀嚼し、自分のものにしてきたのではないかと思う。まだまだ進化できる。その進化をずっと証人として見届けたい。そんな風にも感じる公演だった。これからもぜひ、できることなら毎年、演奏し続けて欲しい作品である。

メンバー

2014年07月27日 16:00更新
2014年07月27日 16:00投稿

[音楽][ライブ][ビデオ] ロックとわたくし5

6月9日はロックの日!去年はアップしそこねたし、今年も日付が変わる前に書き終えるかどうか難しそうだけど、まあとにかくロックの日!

Read more...

2014年06月10日 00:31更新
2014年06月10日 00:30投稿

[音楽][ライブ][CD] 帰ってきたトリコさん / tricot (2014年3月20日 東京・赤坂BLITZ)

2014年3月20日、赤坂BLITZでのtricotのワンマンライブに行ってきた。先日のエントリー(tricotの虜になってしまった!~tricot / THE)でも書いた通り、個人的にはどストライクのバンド。

行こうと思い立ったのは3月に入ってからで、いくつかのチケット予約では既に完売になっていたのだが、なぜかローソンチケットでは購入可能!勢い余って2枚買っちゃって譲る相手を探すのにちょっと手間取ったり…

で、ともかく行ってきた。

2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット
2014-03-20 tricot@赤坂BLITZチケット posted by (C)よしむら

素晴らしいライブだった。どれぐらい素晴らしかったか…なんと小島寛之さんがブログにレビューを書いているのでまずはご一読頂きたい(赤坂ブリッツで、Tricotのワンマンライブを観てきた。 - hiroyukikojimaの日記)。私としてもこの内容に強く共感する(特にベースのヒロミ・ヒロヒロがかわいいという件…だけじゃなくほぼ全面的に)。

とにかく超絶複雑な楽曲なのにポップで踊れて熱い!ボーカルの中島イッキュウが、曲がブレークするタイミングで「踊れ!」と叫び、オールスタンディングのフロアはみんな踊りまくる(私はぎこちなくステップを踏む程度だけど)。ステージ近くでは肩車で宙に浮く人、回転する人、飛ぶ人、などなど。

小島さんがギターのキダ モティフォをロバート・フリップになぞらえているのもすごくわかる気がする。クリーントーンの単音変態リフやベースとのハモリ、動と静の場面転換などはふとキング・クリムゾンの影が見えた気がしてしまう。私としても、tricotはニューロックとかポストロックとかよりプログレと呼びたい気持ちでいっぱいだ。

一方で、メロウな「タラッタラッタ」や壮大な「Swimmer」は感動的だったな。グルーヴが大きい。ボーカルが切ない。

ところで今回、ぜひとも、と思い立って行くことにした理由のひとつはドラムスのkomaki♂の脱退が発表されたこと。小島さんも書いている通り、tricotの楽曲が成り立つ上で彼の存在は欠くことができなかったはずで、彼がいる状態でのtricotを絶対観ておくべきだ、と思ったのだった。実際最後まで重くタイトなドラミングが楽曲を引き締め、素晴らしかった。今後の彼の活動にも注目したい。

終演後、同行者とビールを飲みながら食事した際に「彼女らは一体何を聴いてきてこんな音楽を作るに至ったんだろう」という話が出たりしたのだが、そのヒントとなるインタビュー記事があった。

Roland Music Communication Vol.9:tricot

え?イーグルス??

…まあそれはともかく(ちょっと動揺)、セッションしながら「まずインストだけ聴いてもカッコイイ状態を作って、そこに後から歌を乗せて、さらにカッコよくする」という曲の作り方など、興味深い話がいろいろ。

また、この日演奏された「爆裂パニエさん」などを含む1stミニアルバム『爆裂トリコさん』は永らく廃盤だったそうなのだが、3/19に再発されたとのこと。会場でも売られていたようだが混雑から購入は断念、Amazonで早速注文してみたので届くのが楽しみ!

爆裂トリコさん(tricot)

2014年03月25日 23:28更新
2014年03月23日 00:46投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部語句を修正しました(内容的には変化ありません)。]


[音楽][ライブ][CD] 岩川光トリオ (2014年3月14日 19:30~ 東京・神楽坂セッションハウス)

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住の岩川光 (ケーナ、サンポーニャ) が、2014年2月28日から林正樹 (ピアノ)、佐藤芳明 (アコーディオン) と共に日本をツアーしている。3月14日、その折り返し点にあたる東京・神楽坂セッションハウスでのライブに行ってきた (以下はFacebookに書き込んだ感想をもとに加筆修正したもの)。

岩川光トリオ@セッションハウス
岩川光トリオ@セッションハウス posted by (C)よしむら

当日演奏されたのは大半が岩川の作品。ケーナやサンポーニャといっても、容易に連想される「素朴なアンデスの響き」とかでは全然なくて、超絶複雑なリズムのすごい音楽。でも所々にワイノやチャカレーラっぽいリズムが混ざったり、超高速ユニゾンや即興ソロもあれば小鳥の声や風の音もあったり、ほんと面白いのなんの。

林正樹、佐藤芳明もそれぞれ1曲ずつ提供。演奏面でも三者全く対等で、スリリングで美しくて刺激的なあっという間の5時間半…もとい2時間余りだった (すみません、最後は行った人向けネタでした)。

以下曲目は会場での掲示より。

  • 第1部
    1. Canción:II (岩川) ← 撮った写真が不鮮明でIかIIか判読困難 (どなたかおわかりでしたら教えて下さい)
    2. Fiesta:V (岩川)
    3. La cuna (岩川)
    4. La carta de la luna (林)
    5. 地球の裏側のためのカノン-canon para el otro lado del mundo (佐藤)
    6. Después del carnaval (岩川)
  • 第2部
    1. Interludio:I (岩川)
    2. Baile infinito en sue{'ñ'}os (岩川)
    3. Canción:IV (岩川)
    4. Paramania (岩川)
    5. Danza del aire:IV (岩川)
    6. Un camino hacia vos (岩川)
  • アンコール
    • Kafu mi draga ispeci (ボスニア民謡)

会場でメンバーそれぞれのCDも入手。これらについては追って別途。

佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」
佐藤芳明「対角線」、林正樹=西嶋徹「El retoratador」、キケ・シネシ=岩川光「deseo」 posted by (C)よしむら

ちなみに今回のトリオの映像は、現時点(2014/3/17)ではYouTube上にないので、アルゼンチンのギタリスト、キケ・シネシと岩川光のデュオの映像を貼っておく。いきなりケーナ2本持ちとか…彼の凄さの一端はおわかりいただけるかと。

(2014-03-22追記)

トリオの映像が公開されたので追加しておく。"Despues de carnaval" (カーニバルの後で)。第1部の最後の曲である。凄いでしょ?(笑)

2014年03月22日 22:19更新
2014年03月17日 00:30投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [一部表現を修正、追記し、またYouTubeに上がっていたトリオの映像を追加。さらにキケ・シネシとの映像については埋め..]


[音楽][CD][ビデオ] 忘れないために~SPANK HAPPY 「悲しむ物体」

2年前から毎年1月17日と3月11日には必ず聴く曲がある。SPANK HAPPYというグループの「悲しむ物体」。Facebookでシェアしたりもしているので、私とつながりのある方は「またか」と思われるかもしれないけど。

この曲が収録されたアルバム "Freak Smile" はリリース当時買ってよく聴いていたが、この曲については勝手に、近未来の戦争の後の廃墟をさまよう情景のように思っていた。

それが大きく転換したのが2011年3月11日の東日本大震災の後。なぜこの曲を聴いたのか、もはや経緯の記憶は定かではないが、この曲が歌っているのは近未来のことなどではなく、今まさに起こっていることなのだ、と気付いた。そしてさらに、この曲が書かれたのはまさに阪神淡路大震災の直後だったということを下記の記事から知った。

@watopa_q

この記事に引用されている箇所と同じ箇所を引用しておきたい。

悲しみよ 雪になって この街と私を 埋めつくして
さよならよ 歌になって この街に ずっとずっと

悲しみもさよならも引きずるのは良くないけど、確かにそこにあったことは間違いない。それを決して忘れないために、これからもこの歌を聴き続けて行こうと思う。そして、これから起こるであろう悲しみやさよならを少しでも少なくできるよう、この歌を聴くことで感じる痛みから意識を逸らさないようにしたい。最初に感じた「近未来の戦争」までもが現実のものに近づきつつあることにも強く抗いながら。


アルバムは1995年にリリースされ、その後長らく入手難だったが、現在は2007年リリースのリマスター盤(下記)と通常版が出回っている。MP3ダウンロードも可能。

Standard of 90’sシリーズ「FREAK SMILE」(紙ジャケット仕様)(スパンク・ハッピー)

SPANK HAPPYはハラミドリ(vo)、菊池成孔(sax)、河野伸(key)が1992年に結成したグループで、"Freak Smile" は彼等のファーストアルバムである。「悲しむ物体」はアルタード・ステーツ(g: 内橋和夫、b: 那須野満、ds: 芳垣安洋)と大友良英(g)をサポートに迎えてのトラック。

ボーカルのハラミドリ=原みどりは、その後自身のグループでも同曲を演奏している。ずっと泣いているようなSPANK HAPPYのトラックに比べると抑え気味だが、その分じわじわと深く心にしみるものがある。

2014年03月11日 07:53更新
2014年03月11日 01:17投稿
コメント(1) [コメントを投稿する]

_ よしむら [冒頭部分を修正しました。 2、3年前から→2年前から 3年前はあり得ないですね。失礼しました。]


[追悼][音楽][ビデオ][CD] 信じたくないけど…パコ・デ・ルシア追悼

最初に知ったのはラティーナの本田社長がFacebookでシェアした記事でした。

Muere el maestro Paco de Lucía a los 66 años - ABC.es

偉大なフラメンコ・ギタリスト、パコ・デ・ルシアが2014年2月26日、メキシコにて66歳で亡くなった、というニュース。10歳の息子とビーチでサッカーをしている時に心臓発作に襲われた、とのこと。

嘘でしょ…でも調べてみるとBBC他複数の海外メディアも伝えていました。

BBC News - Spanish flamenco guitarist Paco de Lucia dies at 66

ニュースを知った時点では日本語の情報はなかったけど、先ほど再度調べたらNHKも伝えています。

フラメンコギターの名手 パコ・デ・ルシアさん死去 NHKニュース

ここまで来るとさすがに間違いということはなさそうです。信じたくないけど。

私は間違いなくパコ・デ・ルシアのファンでしたが、でも本当の熱心なファンの方に比べると全然熱意の足りない、彼の偉大な軌跡のほんの一部を覗き見た程度の者です。そんな私でもこのニュースはあまりにショックが大きい。いつかまたコンサートに行こうと思いながら果たしていなかったのが、ついにその機会は永遠に失われてしまいました。

私がパコを初めて聴いたのは1981年のライブ・アンダー・ザ・スカイのFM生中継。この時はパコのグループとチック・コリアの共演でした。当時フラメンコの何たるかなど何もわかっていなかった高校生の私にとって、コンテンポラリーなフラメンコとジャズのフュージョンはあまりに衝撃的でした。

続いて更に衝撃的だったパコ・デ・ルシア、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンによるスーパー・ギター・トリオ!

Friday Night in San Francisco - Live(Al Di Meola/John Mclaughlin/Paco De Lucia)

1曲目、パコとアル・ディ・メオラのデュオによる「地中海の舞踏」は興奮のあまり失神するギター少年続出…かどうかは定かではないけど。え?この時の映像があるの??!

いや、やっぱり凄い!今聴いても大興奮です。

その後大学に入って東京に出てきて、この映画を見ました。カルロス・サウラ監督の「カルメン」。これにパコが出演していたんですね。今探してみたらYouTubeにこんな場面がありました。

アントニオ・ガデスが聴いていたアリアをパコが即興でブレリアにアレンジ、それに合わせてアントニオ・ガデスとクリスティーナ・オヨスが踊る、という場面。かっこいい!

1989年、90年、91年には立て続けに来日コンサートに行きました。

パコ・デ・ルシア1989~91年来日時のプログラム
パコ・デ・ルシア1989~91年来日時のプログラム posted by (C)よしむら

中でも1990年は、オーケストラとの共演による「アランフェス協奏曲」とトリオの演奏という構成。パコとオーケストラの共演は非常に印象深いものがありました。一方1989年、91年はセクステットによる来日。初めてFMで聴いたライブ・アンダー・ザ・スカイの時と同じ編成を生で観られて感激でした。 下記の映像は同セクステット(1人多いですが)の映像で、どうやらカルロス・サウラ監督の1995年の映画「フラメンコ」からの抜粋のようです。

こちらは1992年のセビージャでのライブ。ソロ+2人のカホンで。神技!

その後、確か1990年代後半にも一度コンサートに行っていると思うのですが、その後はちょっと疎遠になっていました。もちろん機会があればいつでも聴きたい、観たいとは思っていたんですけどね。本当に後悔先に立たず…

比較的最近の映像も紹介しておきます。こちらは2012年のPVですね。

こちらはたっぷり1時間、モントルーでの2012年のステージです。私もまだ全部は観ていませんが、シンセの音にちょっとびっくり。

最後に、巨匠ミュージシャンがパコに捧げた曲を2曲紹介しておきます。まずはジャズ・ギタリストの巨人ジョー・パス。完全ソロによるアルバムの第三作、"Virtuoso #3"に収められた "Paco de Lucia"。

そしてチック・コリアがパコに捧げた "Yellow Nimbus"。私が初めて聴いたパコ=チックの共演ライブでも演奏されていましたが、ここではチックのソロで。

それにしても、近年の映像ではさすがに見た目ちょっと老けた感じはあったパコですが、まだまだ元気で演奏を続けてくれると思っていました。伝統的なフラメンコのリズムやハーモニーは尊重しつつもエレクトリック・ベースやパーカッションを導入して新しいフラメンコを模索してきた、偉大なギタリストでした。近年ではすっかり一般的になったカホンという箱型のパーカッションをフラメンコに導入したのもパコのグループが最初だったのではないかと思います。本来ペルーのパーカッションだったものが、ちょうど踊り手のサパテアード(足を踏み鳴らすこと)の音に近いことからフラメンコにぴったりはまって、今では無くてはならない存在になっています。

ギターの神が本当の神のもとに召されてしまいました…ご冥福をお祈りします。

ちなみにこちら、私の好きなアルバムです。

Live One Summer Night(Paco De Lucia)

2014年03月01日 10:18更新
2014年02月27日 02:19投稿
コメント(4) [コメントを投稿する]

Before...

_ mazu [このたびのパコ・デ・ルシアの急逝にショックを受けている一人です。昨年末のジム・ホールも悲しかったですが年齢から覚悟し..]

_ よしむら [paco 青春様 ありがとうございます。おほめをいただき恐縮しております。 本当に、パコの音楽とともに生きること..]

_ よしむら [あ、「様」と「さん」が不統一(^^;; 全く他意はありません。失礼しました。]


[音楽][CD][ビデオ][札幌南] ポップで切ないシンクロ系~山崎あおい / アオイロ

最近高校同窓生ネタが多いワタクシ、今回取り上げるのも札幌南高校の後輩にあたる女子大生シンガーソングライター、山崎あおい。2013年夏にはセブン&アイ・ホールディングスの夏ギフトのCMに「夏海」が使われたり、直近では日本カーリング協会の公式応援ソング「もっと」を歌ったりと、注目を集めている歌手の一人です。

そんな彼女が1月にリリースしたアルバム《アオイロ》、良いです。「Just Friend」「恋の予感」「レイコさん」といったポップな曲もいいけど、地方から上京した人ならではの心情を歌った「カランコロン」「東京」や、夢を追いつつも折れそうな心を歌った「Blue days」など、内省的な歌詞にすごくリアリティがあります。彼女と同世代の女性にとってはもちろんだと思いますが、彼女の親に近い年齢の私のようなオジサンにも(昔を思い出しつつ?)非常に共感できる部分が沢山。「シンクロ系」と呼ばれているそうで、確かに納得です。

アルバム全曲ダイジェスト:

「カランコロン」弾き語り:

アオイロ(初回限定盤)(DVD付)(山崎あおい)

2014年02月22日 23:57更新
2014年02月22日 23:57投稿

[音楽][CD][ビデオ] tricotの虜になってしまった!~tricot / THE

既にだいぶ前のことだけど、Facebookで音楽ライターの徳永伸一さんから教えてもらったのがこの映像。

いや、なんですかこれ!?キレキレのカッティング、うねるベース、変態リフ、超絶ドラム、怒涛の変拍子、謎の歌詞、そしてキュートなルックス!!この一曲で完全にファンになりました、ワタクシ。

早速他の映像もチェック!んー、歌詞は「おちゃんせんすぅす」のみが特異なんだな。鋭い言葉が突き刺さる。

   7度8分の熱が39度を冷やす
   お互い様、もうダメだ
   猛毒を舐め合って
   いえない傷を殺すような
   甘い夢の続きへ行こう

   (tricot / 99.974℃ より)

いい!

というわけでアルバム買いましたよ。その名も"THE"。上記2曲をはじめとして凄まじい曲のてんこ盛り。このままハイテンションばかりだとさすがに辛いかと思いきや、スローでメロウな曲もあって、素晴らしい。シンセ等は一切使わずギター、ベース、ドラムスのみで勝負しているのも好きだし、なんたってリードギターのキダ モティフォのセンスがすごい。

T H E(tricot)

ん?初回限定盤ってのもあったの??しまったー!

T H E(初回限定盤)(tricot)

ちなみに、上記のYouTube映像のコメント欄を見てもわかるが、海外の人もかなりこのバンドを評価している模様。例えばこんな記事にも紹介されている。

20 Songs From Around The World That You Might Have Missed In 2013

「きっとあなたが聴き損なっている世界各地の歌20曲、2013年版」ですかね。日本からはきゃりーぱみゅぱみゅとtricot。他のバンドも興味深いので別途じっくり聴いてみたい。

2014年02月20日 01:28更新

[CD][音楽] 一度聴いたらもう逃れられない~青葉市子 / 0

2012年5月に行われたコンサート《センス・オブ・クワイエット 》 にキケ・シネシ、カルロス・アギーレ、ヘナート&パトリシア等とともに出演した青葉市子。個人的には彼女の歌に出会えたことがこのコンサートの最大の収穫だったかもしれない(もちろん他の出演者も素晴らしかったんだけど)。

そう言うわりにはそれから1年半以上も経ってから、ようやく彼女のアルバムを入手した。2013年10月にリリースされた『0』 である。

「0」(青葉市子)

全て彼女のギター弾き語りのみで全8曲。クラシックギターの奏法を生かした型にはまらないギターが、柔らかく透明な歌声と一体になって響く。中でも《センス・オブ・クワイエット 》 でも歌われた山田庵巳の作品のカバー「機械仕掛乃宇宙」は鮮烈。12分あまりの大曲ながら、紡がれる物語の世界に引き込まれて全く長さを感じない。

大分県の国東半島旧第六トンネルでのフィールドレコーディング「Mars 2027」「いりぐちでぐち」も印象深い。特に後者はトンネルの中を歩きながらの即興演奏だそうで(録音エンジニアが機材を持って一緒に歩きながら録音したのだとか)、その場でその時に生まれた生々しい音が風の音、コウモリの鳴き声などと共に記録されている。

時々はっとさせられる言葉もあり、柔らかいようでいて鋭利な歌。一度聴いたらもう逃れられない。

機械仕掛乃宇宙

いきのこり●ぼくら

参考:青葉市子 | WHAT's IN? WEB(インタビュー)

2014年02月02日 23:39更新
2014年02月02日 23:30投稿

[音楽][ライブ][CD] グレコス・タンゴ・オルケスタ『永遠の旋律』 (2014年1月24日 18:30~ 東京・中野サンプラザホール)

今年(2014年)で45回目を迎える民音タンゴ・シリーズ。今回来日したのはエミリアーノとラタウロのグレコ兄弟が率いる《グレコス・タンゴ・オルケスタ》である。コンサートのタイトルは『ドラマチック・タンゴ 永遠の旋律』。公演初日、1月24日の夜公演を東京・中野サンプラザホールで観てきた。

ピアニストのエミリアーノは1983年生まれ、バンドネオン奏者のラタウロは1987年生まれ、他の奏者も同世代が中心で、非常に若い楽団である。もともとグレコ兄弟は2003年に結成された《ビセベルサ》という五重奏団で名が知られるようになったが、当時2人はそれぞれ20歳と16歳!そこから10年余りのキャリアを積んでおり、若いと言っても経験も実力も十分なのだ。

この日のステージは、その若さと実力を存分に発揮し、勢いのある素晴らしい演奏を聴かせてくれた。《ビセベルサ》では自由奔放な編曲で古典タンゴを料理していたが、今回は自分たちのオリジナリティを活かした編曲と、過去の名楽団による人気のある編曲を大体半分ずつぐらいの割合で採用。ダンスを交えたショーであることも勘案してエンターテインメントに徹した部分もあるのかと思う。プグリエーセもトロイロもダリエンソもありで、やや一貫性に欠けるきらいはあったが、どれも余裕で弾きこなしてしまう演奏力はさすが。個人的には彼等のオリジナルアレンジの「ラ・カチーラ」や「ダンサリン」が印象に残った。第1部最後から第2部前半にかけてプグリエーセ・スタイルが続いたのも興味深かったが、「ノチェーロ・ソイ」などはもう少し渋みが欲しかったか。

ダンスもキレのある動きは素晴らしかった。ところどころちょっとアクロバティックすぎる演出があったのは個人的には好みではないが、客席からは歓声が上がり、多くの人の目を釘付けにしていたのは間違いない。

歌手のメリーナ・リベラッティは…んー、まあまあ(^^;;

ちなみに来日記念盤CD、ライナーは私が書いた。機会があったらぜひお手にとって頂きたい(ライナー読んでもらうには買っていただくしかないかな?) コンサートに行かれる方もそうでない方も、よろしくお願いします。

グレコス・タンゴ・オルケスタ 日本公演プログラムと来日記念盤
グレコス・タンゴ・オルケスタ 日本公演プログラムと来日記念盤 posted by (C)よしむら

グレコス・タンゴ・オルケスタ来日記念盤『タンゴ、永遠の旋律』ライナー
グレコス・タンゴ・オルケスタ来日記念盤『タンゴ、永遠の旋律』ライナー posted by (C)よしむら

2014年01月26日 16:01更新
2014年01月26日 16:01投稿

トップ 最新 更新