よしむらのブログ


[社会][音楽] とにかく何とかしたい

珍しく連日書いたと思ったらぱったり休んでしまって、よしむらも簡単に息切れするやつ、と思われたかもしれませんが…。

実際のところ、いろんな意見を読みながらいちいち思うところがあって、なかなか整理がつきませんでした。でも、今は割とシンプルに考えられるようになりました。

改めて宣言。今回の著作権法改定は、多くの CD を私達の手の届かないところに追いやる可能性のあるものであり、強く反対します。

法の条文の解釈次第では、輸入盤が入ってこなくなる可能性は十分にあります。邦楽の還流や欧米のヒットCDからタンゴなどのいわゆるワールドミュージックに至るまで、可能性の程度に差はありますが、買えなくなる、あるいは極めて買うのが困難になることがあり得ます。誰がどう否定しようと、法律の条文がそう解釈できる可能性を持っている以上は、そうなることがないとは言い切れない。さらに言えば、法案が通ることによって状況が良くなることはまずあり得ない。

一方で、確かに、邦楽の還流がレコード会社や日本人アーティストの利益を損なう可能性もないとは言えない。でも、こちらはどう転ぶかわからないのです。還流を止めたら国内盤CDが売れるという保証はどこにもないし、還流を黙認しても大した影響はないかもしれない。そもそも、影響が出るほど日本人アーティストがアジアに進出できるかどうかもわからない。

とらぬ狸の皮算用を保護するために作った法律は、いつ私達の選択を奪うかわからない、ということなのです。

以下のサイト、ぜひ読んでみて下さい。それぞれの立場の人の言い分をちゃんと取材していて、意義ある記事だと思います。

また、つい最近発売された月刊ラティーナ6月号に、この件が特集されています。こちらもぜひご一読を。

他にもたくさん参考にさせて頂いたサイトがあります。別途ご紹介したいと思っています。

2008年04月27日 16:21更新

トップ «しつこく輸入 CD 問題 最新 よかったね、でしょうか、委員長?» 編集