よしむらのブログ


[音楽][ライブ] OBSESSION 4 〜 二胡とヴァイオリンの流麗な音色 (2004年7月16日 スイートベイジル STB139)

J-WAVE などでおなじみのルーシー・ケントさんがナビゲートするライブ・シリーズの4回目は二胡の賈鵬芳さん、ヴァイオリンの Chica さんの共演。

前半の賈さんのライブは、シンプルに二胡とピアノ (恩田直幸さん) のデュオによるもの。穏やかで美しくて良いけど、正直言って個人的には物足りなかったのも事実。そんな中では、ソロで弾いた「草原新牧民」の奔放さ、恩田さんの作品「再会」の他とは違った響きが印象に残った。

トークセッションをはさんで後半の Chica さんのライブは、ピアノ (黒田亜樹さん)、ベース (東谷健司さん) という、久々の東京ピアソラランドメンツによるライブ。はじめはやや手探りの感もあったが、なかなか楽しめた。コンチネンタル・タンゴの「ジェラシー」は終盤の仕掛けが楽しく、「ピアソラ・メドレー」(記憶に自信がなくなりつつあるけど、アレグロ・タンガービレ〜デカリシモ〜鮫〜天使のミロンガ〜ブエノスアイレスの冬、だったか?) も何やらお得な内容。にしても、アレグロ・タンガービレは、いつ次につなぐのか、と思っているうちにほとんど丸々一曲やってしまって、思わず笑ってしまいました。

セッションでは Chica グループに賈鵬芳さんが客演。ピアソラの「オブリビオン」は二胡の音色に非常に良く合っていて、新鮮だった。

  • OBSESSION 4 〜 二胡とヴァイオリンの流麗な音色
  • 2004年7月7日 20時〜 於東京・六本木 スイートベイジル STB139
  • 二胡: 賈鵬芳 (ピアノ: 恩田直幸)
  • ヴァイオリン: Chica (ピアノ: 黒田亜樹、ベース: 東谷健司)
2009年08月30日 01:18更新

トップ «タンゴとギター / 飯泉昌宏 最新 キース・エマーソンへの手紙 / 黒田亜樹 (2004年7..» 編集