よしむらのブログ


[音楽] リオーネル・ルエケ他

9/18〜19 に行われた東京JAZZ 2004。何でも会場の音響はイマイチだったらしいが、BS-hi で放送されたライブ映像はなかなか楽しめた。いろいろあって断片的に、ほとんどながら状態で見聞きしただけなのだが、ものすごく印象に残ったのが[2004-09-27-1]に書いたリオーネル・ルエケというギタリスト。放送の中での解説によれば、アフリカはベニン出身で、南カリフォルニア大学のセロニアス・モンク・インスティトゥート・オブ・ジャズ・パフォーマンスを昨年卒業したばかりの若手とのこと。ハービー・ハンコックの秘蔵っ子らしく、今回は随所にフィーチャーされていた。

ギターのスタイルは、一言で言えば不思議。ヤマハのサイレントギターみたいな形のギターと、フルアコースティックのジャズ・ギターを持ち換えて演奏しており、いずれもピックは使わないで爪弾くタイプの奏法。自身のヴォイス・パフォーマンスを交えながら演奏し、そのヴォイスをサンプリングした音もギターでコントロール、ギター自体の音もジャズギターらしくなく、フルアコの方は何とも素朴な感じのする硬めの生音だったりする。ギターをパーカッションのように叩くパフォーマンスもあり、その音とリズム感の両方があまりにも見事であった。

今後どんな活躍をするのか、注目したいところである。

ところで、今回もう一つ印象に残ったのが TOTO の参加。2日目の登場で、TOTO 単独のステージはテレビでは見逃した (中継されなかったかも) ものの、ラストのスーパー・ユニットでメンバーが登場。ルカサーがまるでスーパーマリオみたいになっていて笑ってしまったし、"ROCK ITReloaded" というタイトルの割には何となく不完全燃焼の感もあったが、結構楽しめた。

2008年04月20日 08:16更新

トップ «小松亮太氏の新作は必聴 最新 マイケル・ブレッカー・クインデクテット» 編集