よしむらのブログ


[音楽][ライブ] Salle Gaveau (2007年1月22日 吉祥寺マンダラ2)

例によってずいぶん日が経ってしまったが、以前から名前だけは聞いていた「プログレ・タンゴ」バンド、サル・ガヴォのライブに行ってきた。

なんというか…すごい。いやほんと、かっこ良い (語彙崩壊)。

ライブのチラシや CD (後述) の帯によれば「鬼才、鬼怒無月がピアソラの音楽へのオマージュを表明しつつ、その意思を受け継ぎ現代に蘇えらせるべく結成した」バンドなのだそうである。とはいえ単純にピアソラの音楽をなぞっているわけではなく、「意思」を受け継ぐ、というところがポイントかと思う。

メンバーは鬼怒無月(g)、喜多直毅(vn)、佐藤芳明(acc)、鳥越啓介(b)、林正樹(p)。鳥越さんのベースの存在感、グルーヴ感がすばらしかった。佐藤さんのアコーディオンについては、アヴァンギャルドな演奏の凄さもさることながら、木管を思わせるような低音部の音色の美しさに驚いた。

ピアソラへのオマージュが強く感じられる「Seven Steps to "PostTango"」、エモーショナルな美しさが傑出していた「Arcos」、タンゴとインドの融合?の「Tingo」など、楽曲も魅力的。

なお、この日は2/18 発売の彼等のファーストアルバム「Alloy」の発売記念ライブで、先行販売も行われていた。この CD についてはラティーナに紹介記事を書かせていただいた (3月号、2/20 ごろ発売) ので、興味のある方はぜひご一読いただきたい。緻密さと過激さを兼ね備えた高い完成度のアルバムだと思う。

なお、同バンドはフランスで行われる Rock InOpposition なるフェスティバルに参加予定。同サイトの The Mp3Page のトップに CD からの音源が3曲置いてあるので、ぜひ聴いてみて頂きたい。

  • Salle Gaveau (サル・ガヴォ)
  • 2007年1月22日 19:30〜
  • 吉祥寺 MANDALA 2
  • ギター: 鬼怒無月
  • ヴァイオリン: 喜多直毅
  • アコーディオン: 佐藤芳明
  • コントラバス: 鳥越啓介
  • ピアノ: 林正樹

CD は下記:

  • Salle Gaveau (サル・ガヴォ)
  • Alloy (アローイ)
  • まぼろしの世界, MABO-023
2007年02月12日 00:00更新

トップ «Karin Lechner & Sergio T.. 最新 ピアソラ関連書籍2冊» 編集